2017.01.26 / INFORMTION

「予定日過ぎても産まれない!?」出産をスムーズにしたい方へ

こんにちは。久留米市の妊産婦ケア専門IRODORIの江上です。
今回は出産間近の最も多い悩みです。

「予定日過ぎても出てこない!?」
「もしかしたら陣痛促進剤を使わねば。。。」
「陣痛が来ない?分娩がスムーズに行くのかな?」
「分娩時間を早めることができますか?」

そんな不安を抱えた妊婦ママのご相談をよく受けることがあります。
当院では上記のようなご相談でも出産をスムーズにできる確率を高める施術を行っています。
分娩促進調整といって、骨盤腔内に赤ちゃんの頭が収まりがいい位置に持っていく調整です。
痛みを伴わない安心の施術方法になっています。
先ずは下記の二つのBEFORE→AFTERをご覧ください。

023201722914-01
※施術には個人差があり、成果や成功を保証するものではありません
0232017115142-01
※施術には個人差があり、成果や成功を保証するものではありません
0232017115257-01
写真のように出産に向けて下がっていない赤ちゃんを下げることができます。
子宮の位置を下げて、骨盤を広げることで出産準備に備えることができます。

なぜ予定日を過ぎても産まれてこないの?

irm

予定日が過ぎても産まれてこない原因に赤ちゃんが下に下がってきていないことが考えられます。
その下がってこない原因にお腹の張りと消化器系のトラブル特に腸が硬くなっていることが原因のことがあります。
便秘気味で下腹部が良く張るという場合はほとんどが腸の流れが悪いといってもいいかもしれません。

もう一つは赤ちゃんが骨盤内に頭が入るときの位置によって出産のスピードが変わります。
出産に差し掛かり赤ちゃんは子宮口から出てくるときに回転する方向があり、
その回転を上手くする位置を定めるまで時間がかかります。
うまく骨盤にはまっていないと出産が遅れることもあります。

予定日過ぎても出てこない理由もいろいろ。
当院でスムーズに出産が行えるように状況をしっかり見極め、サポートをしています。
検査から施術方法まで丁寧に説明し、考えられる要因をクリアし、出産に臨めるようにケアしています。

_C4A0188

それでも、安産になる場合、ならない場合とあります。
出産は本当に何が起こるか最後の最後まで分かりません。
ママも産まれてくる赤ちゃんも必死です。
当院では少しでも安産で産めるように日々臨床を重ね、安産確率を上げていけるように努めていきます。
上記の出産前に悩みがありましたら是非ともご相談ください。

pixta_11592970_S

自分でできる!出産に備えて今すぐできる安産体操
①内転筋の柔軟性を高める

IMG_6377

内転筋の柔軟は分娩するときに必要になります。
子宮口の開きにも影響しますので、ここの柔軟体操は欠かせません
②股関節の柔軟性を高める

IMG_2709

股関節は分娩時に広げるために、ここが硬いと出産のスピードにも影響してきます。
ストレッチ方法としてイチローが柔軟しているような股割で肩を入れるストレッチは効果的です。
下記に①、②の効果的な動画も紹介しています。