2017.06.06 / INFORMTION

乳腺炎やおっぱいケアで悩む産後ママさんが知っておきたいケアのこと!

こんにちは。久留米市の妊産婦ケア専門IRODORIの江上です。
今回はおっぱいケアに関するお話をさせていただきます。

産後ママのトラブルの中で母乳に関する悩みはとても多いのが現状です。
特に初めての出産を経験されたママさんほど悩みが深いです。
頻繁に再発してしまうケースも良くあります。

95fcf58b21f4589660f7dfde500c8c8c_m

授乳に関する割合

☑母乳、母乳中心に授乳する傾向は77%
☑ミルク中心は23%
という割合が出ています。
この中でもおっぱいが出ない、量が足りないといった傾向が
トラブル全体の43%と非常に高い傾向です。
授乳1か月内に起こるトラブルが最も多いようです。

その後に関する母乳の悩みとして
☑おっぱいが張る
☑おっぱいが詰まる、しこりがある
☑乳腺炎
☑母乳が出すぎる
☑赤ちゃんが飲んでくれない

この悩みは40パーセント近くに達しています。
育児をしていく中で授乳期間中に抱える悩みの一つとなっています。

全く問題がなかった人は全体の11パーセント位しかいないため、ほとんどが母乳や授乳に関する悩みがある状況です。

当院に来ていただいた方の産後ママさんの中にも
食事制限をしなければいけない程、すぐ母乳が詰まってしまう、乳腺炎になってしまう状況の産後ママさんもいました。
後は以前でコラムでお話ししました。肩こりや姿勢の崩れからのおっぱいの詰まり、乳腺炎を起こすママさん。
乳腺炎のたびに高熱が続いてしまう産後ママさんもいました。
体重の減少も食事制限のため産前よりも返って激やせてしまう。

たくさんの授乳や母乳に関する悩みを産後ケアを通して聞いています。

出産した病院や助産院、母乳外来などで相談を受ける方もいらっしゃいます。
また、最近は産後ママ友同士の情報のやり取り。
インターネットなどの情報を通してトラブル予防されている方もいます。
当院でも過去のコラムにおっぱいケア、乳腺炎の予防法も下記より掲載しています。
合わせてご覧ください。
http://irodori-seikotsuin.jp/column/1149

fcde2022ea9e7b3e85c625319ecda558_m

母乳や授乳に関する産後ママさんのストレスも多い傾向にあります。
母乳が出ず、ミルクになってしまったことで罪悪感を感じてしまった。
母乳を飲んでくれない悲しさや心配、イライラなど
産後のホルモンバランスの変化も激しく、自律神経が乱れて、
気分の高揚、落ち込みも激しいため様々な感情の変化を起こします。

当院でも4月中旬から助産師さんによる母乳外来をはじめました。
母乳外来とは?

_C4A4038

助産師さんが母乳育児や乳房に関するトラブルケア、相談まで行うサポートです。
完全予約制になりますので、IRODORIに電話でご相談ください。
午前中のみの対応になります。

助産師さんから母乳に関する悩みを教えていただけます。

①母乳の出が悪い時に、母乳の出やすくなるようにマッサージ。

②自宅で行うセルフケア母乳マッサージ方法。

③母乳が出すぎる方への母乳を適正に減らす方法。

④母乳育児に関する不安の解消
(例)赤ちゃんの体重について、ミルクをたすべきポイント

⑤授乳のやり方
(例)授乳姿勢から赤ちゃんが上手に吸える方法

⑥断乳、卒乳、ミルクに切り替えなどその方に合ったスタイルに合わせる方法

⑦母乳関連以外のトコちゃんベルトの指導から育児相談まで

料金
母乳外来のみ
初回 3,000円 2回目以降 2,500円

産後ケアと一緒に受けられる場合
産後ケア 初回 5,400円 +母乳外来 2,000円