2017.04.19 / INFORMTION

産後の骨盤矯正をはじめるベストなタイミング。産後ケア専門からみた骨盤矯正の受ける時期とは?

こんにちは。久留米市の妊産婦ケア専門IRODORIの江上です。
今回は産後ママの中の質問によくある産後の骨盤矯正の受ける時期についてお話していきます。

b740c7392167b756df621dd5bf048323_m

産後ママの多くは骨盤矯正をし始める時期はベストは一人目出産から2か月ぐらいがベストです。
骨盤矯正は早ければ早いほど、歪んで開いた骨盤を小さく締めることができます。
また、産後の体調の回復にもつながり、子育てしていく上で母親として心身ともに楽になります。

二人目、三人目を出産して、今後子供を産む予定がないと骨盤矯正される方は体形変化が数年の間に起こってしまっているため、妊娠する前のきれいな骨盤の状態に戻すには、回数と時間がかかってしまいます。
開いて歪んだ骨盤のクセと習慣が身についている為、色々なことに気をつけるポイントがあります。

産後の骨盤矯正で何が変わるのか?

c009b2a4c2b0dd9531811de9e7052cea_m

まず、骨盤を締めることで下がっていた子宮や内臓を元の位置に戻すことができます。
内臓子宮が下がることは基礎代謝量の低下にもつながり、痩せにくいカラダになります。
皮膚も伸びたまま、骨盤の開きが原因で体型的にお尻が下がり、大きく見えてしまいます。

妊娠する前は履けていたズボンも入らないといった体形が戻らないと悩まれている方も多いです。
そして骨盤を締めるだけではなく大切なのはインナーマッスルの強化です。

インナーマッスルとは内側の筋肉の事を差し、骨盤周りを引き締まる筋肉にはとても大切な部分になります。
体型のみだけではなく、中の筋肉を強化することはカラダの軸を安定して、妊娠前のカラダの正しい使い方を覚えていくためにも強化していく必要があります。

妊娠中から産後の体形変化、体重変化は著しくそれにともなった、姿勢や重心が変わってしまうために今まで体調が悪くなかった人でも体調不良、カラダのトラブルを起こす方も多いのは確かです。
特に妊娠中から痛みを我慢してきた方でも、産後に無理がかかってしまい、ガタガタに身体がなってしまっている方もいらっしゃいます。

そういったカラダの崩れを元に戻し、本来の体調の良いカラダ、妊娠する前のカラダに戻していくためにも骨盤矯正とインナーマッスルの強化は必須となります。
また、正しい姿勢の位置や重心の位置を戻すためのカラダの調整。そして脳に正しい使い方を記憶していくトレーニングも大切です。特に産後骨盤が開いて癖がついていると足のつきかたが変わってしまい、脚が太くなってしまうかたもいます。
骨盤を矯正するのみだけではなく、下半身の正しい使い方も大切になります。

当院は特に歩行や立ち方のアドバイスをしていて、自分で骨盤矯正ができ、忙しい子育ての合間にも〇〇しながらいつでも骨盤矯正できるやり方まで教えています。
後は食事のとり方、産後のケアの大切なポイントを一人一人に合わせて行っています。

_C4A0017

一人目出産後の骨盤矯正がベストですが、2人目、3人目からでも十分骨盤矯正は大丈夫です。
当院に来ていただいている産後ママさんの多くは2人目、3人目の方が受けに来られています。

cb6a37f8e048f29a6295ccdafeb3aae0_m

下記に2人目、3人目を出産された後の骨盤矯正を紹介させていただきます。

319201712161
※各施術には個人差があり、成果や成功を保証するものではありません。
3192017113749
※各施術には個人差があり、成果や成功を保証するものではありません。

上の画像の通り、施術を重ねることでしっかりと骨盤矯正の効果を感じられます。
産後の骨盤矯正はどの時期でも受けらえますが、矯正の負担や回復度合い、スピードを考えれば早くはじめた方が骨盤を締める効果も出ます。
今回、産後の骨盤矯正遅すぎるかもと、諦めていた産後ママさんでも十分矯正や締めることは可能なので、ご遠慮なくご相談、ご予約お待ちしております。