いろどり整骨院

いろどりコラム

妊婦中によく起こる3大痛みとは?長引いてしまう腰痛・恥骨痛・下腹部痛の原因と予防法

UPDATE

こんにちは。久留米市で妊婦・産後ケア専門整体、いろどり整骨院の江上です。
今回は妊娠中期に起こるカラダの変化と痛みについてお話ししていきます。

%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e4%b8%ad%e3%81%ae%e8%82%8b%e9%aa%a8%e3%81%ae%e7%97%9b%e3%81%bf%e3%81%82

妊娠中のカラダの変化の激しい中期から後期・臨月と著しく変わっていきます。
この時期は妊娠初期のようなつわりなどの不快な症状は安定に向かいますが、
カラダの変化に伴う姿勢や重心のずれが左右のバランスを崩し、様々な痛みを引き起こしてしまいます。

妊娠中の3大痛みであるで腰痛、下腹部痛、恥骨の痛みは特に起こりやすい症状であり、注意も必要です。
この妊娠中期のカラダの変化は著しくまた、胎動を感じたり、動きが変わったり、今までと体形変化を感じる時期です。

3大痛みの中で一番起こりやすいのは腰痛、特に仙腸関節という骨盤あたりに出てくる痛みです。
妊娠中は坐骨で支える力が無くなると外に開きやすく、姿勢が大きく崩れます。
体重を分散するところが坐骨ではなく、仙腸関節という所で負担をかけることで、関節にひずみが起こりずれてしまいます。
そうなると慢性的な痛みが起こりやすく、仰向けでいたい。寝返りでいたい。立ち上がる瞬間に痛い。
安静時に痛みが出ることや動作の瞬間に痛みが出ることが良くあります。
関節のズレが大きくなると妊娠中でもぎっくり腰や坐骨神経痛なども併発します。
マタニティ整体などでゆがみや生活習慣での座り方のアドバイスなどを聞いて直していく必要があります。
特に腰痛は今まで感じていない方にとっても妊娠をきっかけに起こることもあります。
こんなはずではなかった。前は痛くなったこともなかったのに。。
と後悔しますが、しっかり原因が分かれば腰痛は対応できますので大丈夫です。

恥骨の痛みもひどくなると寝起きの痛みや歩くときにも痛い。
ひどい場合はじっとしていても痛いなどそのほとんどは骨盤のゆがみによる恥骨のずれが関係しています。
恥骨はかなり痛みが治りにくい症状ですが、ゆがみをとることで動けるようになります。
マタニティ整体を受けることをお勧めします

下腹部痛は特にお腹の張りを感じてしまい、子宮の位置が下がってしまっている妊婦さんに多いのが特徴です。
骨盤の開きが早く、猫背で骨盤が後ろへ倒れているような崩れた姿勢に普段から慣れてしまっている方に良く見受けられます。この下腹部痛はお腹の張りや便秘時にも感じ、痛みが続く場合は、切迫早産の原因にもなります。
張り止めの薬も産婦人科ではありますが、張りを起こしているもととなるカラダのゆがみや姿勢、ストレスによるものは当院で行っている安産整体で改善することもできます。

%e5%a6%8a%e5%a9%a6%e3%81%93%e3%81%97%e3%81%ae%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%bf

また、妊娠中で仕事も重労働・休みも少なく・ストレスを抱えているような職場環境の場合にも腰痛を起こしやすくなります。
心と身体のバランスのとれたマタニティライフを送ることができれば理想ですが、現代社会では中々思い通りにいかないのも事実です。

妊娠中の心身ともにリラックスできて、自分でできる予防法をご紹介させていただきます。
先ずはカラダのバランスを整える背骨のゆがみを整える方法を下記に載せています。

そして妊娠中腰痛体操シンプルで効果的なセルフケアはこちらから↓↓

症状別カテゴリ

ケアカテゴリ