いろどり整骨院

いろどりコラム

産後の骨盤をしめた方がいい本当の理由とは?産後骨盤矯正の知っておきたいポイント

UPDATE

こんにちは。久留米市で産前産後ケア専門のいろどり整骨院の江上です。
今回は産後の骨盤はなんで締めた方がいいの?この産後のママさんの多く抱える悩みの一つである骨盤の歪みや広がりが直らない。
多くの治療院でも産後の骨盤矯正は流行るようになってきたのですが、骨盤の歪みは直すところは確かに沢山あります。
でも、ゆがみを戻すだけでは、やせたり、体型を戻したりすることは難しいものです。
もちろん当院でも骨盤の歪みによって起こるカラダの痛みや不調まで骨盤の歪みを直すことは大切に思っています。
ただ、他院に行かれて、施術を受ける側(産後ママさん)と施術をする側(セラピストさん)との間に明らかなズレがあります。

多くの産後ママさんたちが他院に行ってから当院にまた来る一番の理由は
【骨盤が締まっていない!?ゆがみをとってもらったけど、何が変わったか分からない。】
といった産後の矯正はしてもらったけど今一つ実感がないといったことで、当院に来ています。

骨盤を締めることの重要性としてやはり、ゆがみだけではなく、美容的に妊娠前の元のカラダに戻したいといった声にきちんと答えるのが大切と私自身日々感じています。

締まらない多くの悩みとして・・・
お尻が大きくなって、ズボンが入らない。。

足が太くなって、洋ナシのような骨盤になってしまったり。
痩せない・体重が落ちないなど

その悩みは人によって様々です。

産後の骨盤矯正と普通の骨盤矯正との違いをお話していきますね。

産後だき方腱鞘炎

一般的なよく聞く骨盤矯正は、骨盤のゆがみを正してカラダの痛みや姿勢を良くしていきましょう。といった感じで、不調に対して行うのが一般的な骨盤矯正になります。骨盤のゆがみが起こることで土台が崩れるため、背骨全体が補正をかけるように曲がり、筋肉にアンバランスさを作り、カラダの不調を作ってしまいます。

よって骨盤矯正はカラダの不調をただし、体質改善していくといったところでしょう。

momandbaby

それに対して産後の骨盤矯正は妊娠、出産とゆるんでしまった骨盤を締めて、産前の正しい骨盤の状態に戻すといった。

ただ、ゆがみをとるだけでなく、美容的にも開いて大きくなってしまった骨盤を締めることも産後の骨盤矯正の特徴となります。

骨盤はなぜ締めたほうがいいの?ここが今回のコラムのミソです!!
骨盤をしめておかないと開いてしまった骨盤は様々なトラブルを起こしてしまうことが多いのです。
骨盤の開きは内臓特に子宮周りの下腹部がぽっこり出てしまい、たるみやすくなります。美容的にもそうですが、内臓が下がることは代謝が落ちてしまい、腸などの圧迫も含め便秘やカラダ全体の流れも悪くなるので、太りやすくなったり、血流が悪く冷え性になったり、腸循環が悪くなることは免疫力も落ち、病気になりやすくと、内臓下垂は様々な問題を起こしてしまいます。

骨盤の開きはまた太ももやふくらはぎを大きくしてしまい、美容的にもまた10年、20年経った後の更年期、閉経後の老年期と変形の股関節や変形の膝関節と移行する方もいます。断定はできませんが、骨盤の開きがカラダの重心を変えてしまい、足の着き方や体重の乗せ方が外方向へかかる為、その負担が蓄積され美容的にも身体の負担的にも悪くなってしまうこともあります。

妊婦イメージ②

産後骨盤は締めることで下記のメリットがあります。

➀産前の状態に戻し、体調を健康的に保てる

➁内臓を上げることで代謝をあげ、健康的なダイエット効果も期待できる

➂次の妊娠時にも土台がしっかりしやすいので、妊娠中のトラブルも減る
(一人目出産して、二人目予定のある方も骨盤は締めていた方がいいです。開いたままの場合次の妊娠は子宮が下垂しやすく、子宮が低いとお腹の張りや切迫の原因にもなります。体形変化も起こり、意外にトラブルも多くなります。)

➃10年、20年先の更年期、または閉経、老年期と身体の負担が違います。
(特に産後の過度な負担は、この先の女性の身体が変わる時期に様々なトラブルが起こりやすいのも多く見受けられます。)
産後の骨盤矯正のQ&Aは下記のURLにのせいています。合わせてご覧ください↓↓
https://irodori-seikotsuin.jp/qa-mom#two

また、自分でセルフケアで何とか骨盤を矯正したい方。

産後のお腹のたるみをとる方法

産後の骨盤矯正法

産後の骨盤矯正パート2

症状別カテゴリ

ケアカテゴリ